付き合う気になれなくて

またか、と思った。

 

 

 

 

 

「好きです。付き合ってください」

 

 

ありきたりな、聞き慣れた言葉。

 

目の前には視線をさまよわせる顔見知りですらない男。

 

 

けれど私を呼び出したってことは、同じ大学なんだろう。

 

 

 

この状況は私にとったら実に不快この上ない。

 

 

視線が少し合うだけで顔を赤くするその反応も。

 

 

 

「ごめんなさい」

 

 

返事はいつも決まっている。それに相手が顔を歪めるのも、毎回のこと。

 

 

「付き合ってる人は……いないんだよね?」

 

「ええ」

 

「じゃあどうして?理由を教えてほしい」

 

 

 

表情を窺いながら、告白を断られることに納得していないその顔。

 

 

 

このやり取りにも辟易する。

 

理由?

 

 

そんなものをどうして聞きたがるのか分からない。

 

ただ誰とも付き合おうという気分にならないだけ。

 

 

内面を知りもしないのに告白してくるってことは、外見しか見ていないということでもある。

 

 

 

生憎と顔に惚れられても嬉しいとは思わない。

 

 

 

男の魂胆なんて、大体一緒なのだから。

 

 

「ごめんなさい」

 

 

 

面倒だ、と思う気持ちを隠してにっこり笑う。

 

そのまま情けない顔をしている男を残して講義室を出た。

 

 

 

人気のない廊下にヒールの音が響く。
誰もいない空間はとても静かだった。

 

 

 

「面倒ね……」

 

 

溜め息と共に出た言葉は、とても小さかった。

 

思えば、私の今までの人生は最悪と言っても過言じゃなかった。

 

 

家の両親は共働きの普通の夫婦だったけれど、結婚する前は音楽の道を目指していた者同士だった。

 

 

それが海外のコンサートで出会って一目惚れ、結婚なんてして夢ばかり見てられないとそっちの道を諦めて、今は普通に働いているけれど。

 

 

 

その血は子供にも受け継がれて、私と私の1つ上の兄も音楽に関わっていた。

 

 

私はヴァイオリン。兄はピアノ。

 

 

聞けば楽器を全部やらせてみて一番上手だったものをセレクトしたらしいけれど、奇しくもそれは父親と母親がやっていた楽器。

 

 

やっぱり父親はピアノから、母親はヴァイオリンから完全に離れることなんて出来なかった。

 

その道のプロとして活動していた2人の指導は厳しかった。

 

 

でも決して強制ではなかったけれど、本格的に音楽をやってもらいたいと思っているのはわかっていた。

 

 

私が中学に入ったばかりの頃、兄の才能が開花してピアノコンクールで賞を取った。

 

 

先生も親も兄を褒めちぎり、それからほとんど最年少でピアノの賞を総なめにしていったけれど、私は反対にヴァイオリンは趣味程度にとどめた。

 

 

それは私が音楽に本気にならなかったから。

 

ピアノに夢中の兄とは違い、音楽しかない生き方をあまり好まなかったからだ。

 

 

 

小学生で既に何事にも冷めた可愛げのなかった私は中学生になっても変わらなかった。